2017年12月10日日曜日

私たちが実現したい3つの夢!

こんにちは、六代目彌市です(^^)

昨日、三浦太鼓店社員一同で
お隣岐阜県は可児市にある

世界的なギターブランド「ヤイリ」さんへ
工房見学にお邪魔してきました〜〜!




私、ギターは当然弾けませんし

ギターのことは全然よく知らない。。。


そんな私でも、知ってる「ヤイリ」と言う名前。



これって凄いことですよね♬



そんな「ヤイリ」ブランドは、
1日20本♬

30人のクラフトマンと呼ばれる職人さんが
手作りで本物のギターを作り続けているんです!




ギターと太鼓、
楽器の種類こそ違えど

「ヤイリ」さんは、

私たち三浦太鼓店の目指したい
将来への「夢」が具体的な形になっている♬


そんな夢の空間なのです!



今、私たちには
実現させていきたい具体的な「夢」が3つあるんです!



まず1つ目の夢は♬

こんな工房を作りたい!!



ギターをやっている人、

ギターを好きな人にとって
このヤイリさんの工房はまさに「楽園」!!


ギターを知らない私たちだって、
こんなにたくさんの職人さんが

一つ一つ丁寧に仕上げていく
工程が間近で見れる空間に感動と興奮!!


人を中心に建てられた工房ではなく、

あくまでも、良いギターを生み出すための
ギターにとって最適な「空間」になっている。


それだけ、モノづくり
ギター作りに対する強い情熱が伝わってきました♬




そして、2つ目 は♬

こんなショールームが欲しい!



ヤイリさんの工房横には、
自分たちが愛情込めて
一つ一つ丹念に作ったギターを

その場で試して弾けたり、購入したりできる

そんなショールームがあるんです!




いや〜♬

だいたい10万から30万円くらいの
ギターがズラリ100種類くらい並んでるんですが、


ギターを弾けない、
ギターを弾かない私ですら、

衝動買いしてしまいそうな
そんなワクワクする空間!

ちなみに!

何と!
桶でできたギターがありました♪( ´▽`)




そしてラスト3つ目は♬

ヤイリさんのような
世界的な「ブランド」になりたい!




日本の名だたる有名アーティストのみならず、

世界中の誰もが知っっているような
超有名なアーティストでさえ、

この「ヤイリ」ギターを愛用されています♬


私たちも、そんな
世界的なブランドになりたい♪( ´▽`)


中でも、

名だたる名ギターを
世に送り届けてきたクラフトマンである

小池さん!




なんとこの方が
仕上げるギターは

ギター1本で300万もするくらい
その技術力そのものが高く評価されている

ヤイリ屈指の職人さんで♫




戦前より80年と言う歴史、
時代とともに激変する世の中にあり、

時代とともに多様化するニーズに
変化しながらも


たった一つの大切な「軸」だけは
ずっと絶やすことなく続けてこられています。


それが、工房のいたるところに
掲げられていたこの言葉↓




「高品質」と言うこの言葉は、

単に「良いモノ」を作るという意味ではありません。


どんな時代であれ、
どんな激動な世の中であれど、

時代を越えて変わらず受け継がれる
「モノ」や「想い」♫


それが一体何なのか?ってことを
ヤイリさんは知ってる。


そして、それを今なお守り続けているってことですね♫


自分たちの大切な「軸」を常に持っていて、

そして、ギターをヤイリブランドを愛する
職人集団の情熱はすごかったです!



工房見学の最後には、

さっきまで、ギター作りをしていた
職人さんが生演奏をしてくださいました♫




そんな誇りを持って仕事をに
打ち込む姿勢と、

素晴らしいギターの楽園空間に

我が三浦太鼓店メンバーの
興奮MAX♪( ´▽`)




とにかく、凄かったです。


でも、こうやって
実際に足を運んで

自分たちの五感で感じることって
本当に大事。


人間って自分が“リアル”に
思い描く事ができれば、できるほど

その「夢」が現実になる可能性が
高くなると言われています。


だからこそ、

私たちの目指す未来や夢を

すでにいくつも実現されている
「ヤイリ」さんを見て感じることは、


とてもとても大きな意味があるんですね♫


たくさんやれる事あるな〜♪( ´▽`)


ますます頑張らなくては!

今日も素敵な1日を^_−☆

2017年12月2日土曜日

自分の「日常」は、他人にとっては「非日常」

おはようございます(^^♪
六代目彌市です!


いよいよ2017年も
残り一か月を切りましたね~!

年末は何かと忙しく、
あっという間に新しい年を迎えそうです!


さて、そんな年末恒例行事と言えば
忘年会!!ですね♬


今年最初の忘年会は!

最高にハッピーな仲間たち♬
エクスマ塾86期の忘年会でした~




エクスマ塾って言うのは
カンタンに言うとマーケティング勉強会なのですが、


この塾に集う人たちって
いい意味で実はちょっと違うのね( ;∀;)


経営者だったり、

会社員だったり、

主婦だったり、、、


みなさんそれぞれ全然違う
「立場」や「役割」を持った人たちなんですが、


たった一つ共通点があります。


それは、みんな“前向き”で“行動力”があるってこと。


人生を決して“他人”や“社会”のせいにする事は
一切しません。


だから、こういう飲みの席で
よくある感じの自分の会社の“愚痴”だったり、

“人”に対しての不満を言う人は
一人もいません。


そういう事をしても、
人生が良くなることは絶対にないと
知っている人たちばかり!(^^)!

だから楽しい!


ちなみに、忘年会前に
わざわざ時間を作って三浦太鼓店へ
会社見学に来てくれました♬




その後は、私の桶作り現場である
秘密基地へ移動して、

みんなで即興演奏会で楽しみました(^^♪



改めて、

みんなに会社を見てもらいながら、

太鼓作りの事や自分の生い立ちなんかを
お話させてもらったんですが、


みりんちゃんこと、
杉浦味醂さんからとっても勉強になった!と

こんな風に太鼓が作られてるって
かーくんの事はよく知ってても

太鼓作りへの想いとか、こだわり
もっと、そんな日常を発信したら
世の中の人たちに伝わるんじゃない?

そう言われたんです。



なるほどな~♬



今さらですが、

このエクスマ創始者藤村先生の教えに


“伝わっていなかったら存在していないのと同じ”


こういう言葉があるんです。



だからこそ、
私達のようなあまり世の中と接点が身近じゃない

伝統産業を私なりの視点で“発信”しようと
心がけてきましたが、


まだまだやれることありそうです(^^♪



そんな事考えてたら、
同じくエクスマつながりの
情熱ミッキーさんが!

まさにそんな内容のブログ書かれてて
とても共感しました!

ミッキーさんブログこちらから→
毎日の普通や日常の中に、伝えれる価値はたくさんある



自分の「日常」は、他人にとっては「非日常」♬


ということは、


私にとって当たり前すぎる情報こそ、

他人にとって「価値」ある情報だってことです。



ってことで、

早速やってみるが心情の私ですから
いつもの日常です↓


毎朝、一番で会社に出社して

まずは神棚のお水を替えて、
ご先祖様にも手を合わせます。




その後は、仏壇の仏様お花のお水を替えて

ここでも手を合わせます。





そして、自分の作業場
秘密基地に行ったら、


大切な道具と運命を奇跡のように
つないでくださった五十嵐さんに

毎日感謝を伝えます。





ここからは余興ですが( ;∀;)


ちなみに、毎日
嫁さんと10回はハグして、10回はチューしてます( ;∀;)





何なら、お昼も
一緒に仲良くお弁当食べて、




夜は手をつないで一緒に寝てます(笑)


ウソじゃないですよ( ;∀;)

ウソと思う方は嫁さんに聞いてみてください(笑)



これが私の「日常」なのです(^^


はい、

当然これはあなたにとって「非日常」ですね(^^



この情報が価値あるかどうかは
別として、


私がこういう人間に育ったのは、

親父がいつも母とそういう
仲良しの関係だったことや、


おばあちゃんが、いつも
仏さんに向かって感謝を伝えている姿を


幼いころからずっと見てました。


だから、これ私の「日常」なのですね(^^♪


習慣や環境が人を作るのです。



だとしたら、

少しでも良い習慣、良い環境に
自分自身を置いてあげる事が大切なのかもしれません。


今日もステキな一日を(^_-)-☆