2017年1月23日月曜日

必要なときに、必要な人と出会う旅。それが人生なのかな?

こんにちは、六代目彌市です(^^)/


昨日は、長男の12回目の誕生日でした~(゚∀゚)


あっという間に干支もひとまわりし、

今年から中学生、、、


あぁ人生ってあっという間だな~と

あらためてその過ぎ去る時間の速さに

驚きを感じました(^^



何はともあれ、

12年間、無事健康に過ごしてきてくれただけで

感謝感謝なのです!



さて、

新しい年を迎えて

順調にいろいろと動き始めていますが



実は、今年は

こんなことにも挑戦しようと思ってるんですね~


初告白です( ;∀;)






これ、なんだかお分かりでしょうか?


これは、地元岡崎のカクキュー八丁味噌さんの

大桶です。


大きさは縦横約2メートルもあります。


実際の蔵の中では

こんな感じでお味噌が作られています↓↓





そのスケールと、味噌桶の数の多さだけで

圧巻なのですが、



一つの桶の寿命は

だいだい100年くらいだそうです。



現役を終えた桶は、

こんな感じでバラバラにされて

今まではほとんど活用手段もなく

廃棄されていたそうです↓





それではもったいない!


実際その材料をみさせてもらうと

とくに、底の板は材料も厚みがしっかりあって

質も非常にいい杉の材料が使われていて、


十分に桶の材料として

再利用できる!!





以前にも一度その部材で

小さな1尺5寸の桶を作ったことがあったのですが


今回は、小さな桶じゃなくって



今まで私が作ったことのない

スペシャルビックなサイズの桶にチャレンジしようと

思ってます( ;∀;)



ん~、


それこそ、6尺くらいの桶つくりたいな~と!!!




先日の新作で発表した4尺の鼓路和ーKORONA-がありますが、


正直、4尺以上のサイズになると

今までの作り方とは全く違った知識とノウハウが必要で


今の私じゃ作れないのです。



そこで、


実は、あさって25日から

小豆島へ渡って、その大桶づくりの現場を

拝見させていただけることになりました( ;∀;)



以前に一度、ブログでもご紹介させていただいた


小豆島のヤマロク醤油さんです!!






今や日本全国の醤油、味噌、酒蔵で

いまだに木桶で作っている会社というのは


わずか1%だそうです。


と、いう事は


私たちが日常から食している味噌、酒、醤油の

ほとんどがステンレスで作られたモノ。



そんな現代において、

ヤマロク醤油の五代目山本康夫さんは


本物の味を後世に残したいと、


衰退する桶づくりの文化を守るべく

自社での桶作りを数年前からはじめられて


毎年、この冬の時期に

何台かあたらしい桶を作られていることを知りました。



その事を知ったのは、


たまたまある番組に当店が取り上げていただいた際に

スタッフの方が


私の桶づくりを見て教えてくれたんですね~



その場ですぐにヤマロクさんに連絡して

今回のご縁がつながりました( ;∀;)




写真はあくまでイメージですが、


こんな感じの地元岡崎の祭りの

シンボルになるような!


そんな太鼓を作ってやろうと!

実はひそかにたくらんでいるのです( ;∀;)



必要な時に、

必要なタイミングで、

必要な人と出会う。



これまで、そんな人生で

私は幸せすぎました。



大きなことに挑戦するときには、

小さなことを大切にすることを逆に教えてもらったり、、、


考えれば考えるほど

不思議なことばかりですが


自分にできることに精一杯の

使命感と責任をもってがんばります!



今日もステキな一日を(^_-)-☆



2017年1月21日土曜日

三河の伝統、『武者的神事』での奉納演奏

こんにちは六代目彌市です(^^)/


先週は、全国的に大雪、


そして、昨日は大寒!

一年で一番寒い時期ですね~(゚∀゚)



さて、そんな大寒の日に毎年

地元岡崎の徳川家康公ゆかりの神社、


『伊賀八幡宮』にて江戸時代から続く伝統的な神事、

武者的神事が行われ、

私たちも奉納演奏をさせていただきました(^^♪




これが、今年零~ZERO~としての

初の演奏、そして


神聖なる場所、伝統の儀式の中での

新作『鼓路和ーKORONA-』の記念すべき

デビュー演奏!!とあり


いつも以上の気合と(^^♪

そのご縁に、ただただ感謝なのです!







『武者的神事』とは、大変珍しい神事で、


15間(約28メートル)も離れた場所から、

1尺2寸(約36センチ)四方のヒノキの板的を目指して矢を放ち、



その結果によって、一年の主に農作物の吉凶を占うという

伝統的な神事です。



矢を放てるチャンスは2回!


矢が当たっても、当たらなくても

また、必ずしも


当たったから良いとか

当たらなかったら良くないという事ではないのです(^^




それでも、現場は張り詰めた緊張感!!!


誰もがかたずをのんで

矢の行方を見守ります(^^


今年の射手は小野さん!






小野さんは、前日から神社に入り

当日の神事に備えていきます。



さて、気になる今年の結果は!





残念ながら、矢は二回とも外れてしまいましたが、


その結果は、すぐに

このような形で報告されます!






今年の結果はこちらです↓






その昔、江戸時代には

この神事の結果をここ岡崎から、遠く江戸城の家康公のもとまで


早馬に乗って急ぎ知らされていたそうです!



みなさんも初詣でおみくじなど引かれた方多いと思いますが、


時代をさかのぼり、

江戸時代というのは、米をはじめとする農作物の作柄の良しあしが

人々の生活にそのまま影響した時代であり、

これは現代の私達では想像もできません。


そして、お米は食糧としてだけではなく“通貨”であり、財産でもありました。



私達日本には昔から各地に五穀豊穣を祈る

伝統文化がありますが、



その背景には、人々の生きるうえでかかすことのできない

“本気の願い”があったんだと想像します。




伊賀八幡宮の武者的神事は、

時代は変わり、早馬こそありませんが


各種メディアに取り上げられ

全国各地に結果が報道されています。


YAHOOニュースの動画はこちらから観れます>>>



今年も一年五穀豊穣、


みなさまにとって実り多き一年でありますように!





写真提供:ASAKOさん



2017年1月20日金曜日

がんばったね!じゃなくて、がんばってるね!がうれしい(^^)/

こんにちは、六代目彌市です(^^)/



昨日は小学校に通う子供たちの

授業参観でした(^^)


ざんねんながら、

私はお仕事なので

3人の子供たちの授業参観を

はしごしなければならない嫁さんに

感謝感謝なのです(゚∀゚)




そんな中、


今回の授業参観は

年初めの書初め大会の結果発表も

あるということで、子供たちも朝からなんだか


落ち着かないようすでした(゚∀゚)



普段、習字の教室に通って

日々練習を重ねている事と

何より、


うちの嫁さんが昔から達筆で、

子供たちに対する指導が厳しいのです(笑)


そんなやりとりを普段から見てますが、

我が子ながら、


それぞれ本当に上手だな~と感心するばかり(^^♪


そして気になる結果はこうでした!!↓




三男坊、今年はじめて入学した

りあん君はみごと金賞!


ご褒美に金メダルを贈呈(笑)




残念ながら、

あとのお兄ちゃん二人は受賞ならず、、、




こちらは次男坊の3年生ゆら君!



そして、長男はうる君の作品(^^



『伝統を守る』って

この字なら三浦太鼓店の経営理念を書けますね(笑)




みんなそれぞれ“がんばったね”って

誉めてやろうと思います(^^♪



子育てしていて、

あ!普段はまったくしてませんが( ;∀;)


そんななかなか子育てに

関わらないこんな私でも


時に子供たちの成長を

後押しできるような「言葉」を


ここぞ!というタイミングが訪れたと時には

一気に父親のような顔して( ;∀;)

伝える努力はしてますよ(笑)



本当に普段からがんばっていましたからね!


今夜ばかりは、みんなに

何かご褒美して言葉をかけてあげたいなぁ~と、、、



そんな時、

ふと気づきました。



「がんばったね!」


そう言ってもらえることは

もちろんうれしいですよね!


でも、

自分自身に置き換えてみたとき


「がんばったね!」って言われるよりも


「がんばってるね!」って


そう言われたときの方が100倍うれしいのです!


みなさんもそういう経験ないでしょうか?



がんばったね!は

その「結果」さえあれば誰でもかけられる言葉ですが、


がんばってるね!は

普段からその人のことをよく観察してないと

言えない言葉ですからね。



これからは、もっともっと子供たちに

「がんばってるね!」


をたくさん言える父親になろう!


そう決心した昨日の出来事(^^)/


がんばったね!より

がんばってるね!がうれしい!



あ!

わたしも、美文字めざして

あれからずっとペン習字「がんばってる」のですよ(゚∀゚)



昨日の学びは意外と深かったです(^^)/



よって、全員に

がんばってるね金メダルを授与しました(笑)






今日もステキな一日を(^_-)-☆





2017年1月19日木曜日

行ってきました東京へ(^^)/写真でみる東京展示会2017

こんにちは、六代目彌市です(^^)/


すいま~せん( ;∀;)


すっかりブログもご無沙汰になっちゃいまして~

展示会で2、3日店を空けただけなのですが、


まぁ~帰ってから、

整理やお礼や、たまった仕事で

バタバタ追われちゃいました~( ;∀;)


それでも、今年も

本当にたくさんの方々のご協力とご来場、

あたたかいメッセージをいただき無事に

終えることができましたことを


まずはお礼申し上げます

本当にありがとうございました!



当日残ながら来られなかった方々のために

今日はお写真を中心に今年の展示会を

振り返ってみたいと思います~!



開場はここ!




『ラ・パン・エアロ』という表参道の駅から

裏路地に入って徒歩5分くらいの場所です(^^♪



今回で東京で展示会をさせてもらうようになって

7年目、8回目になるのですが、


最初の頃はここの場所じゃなくて

もっと表参道駅に近かったんですがね~


残念ながら、例の事業仕分けで

その施設がなくなってしまって、


新たな会場をトボトボと歩いて探し回って

見つけたのがここでした(^^♪



何がいいって、ここの会場

地下にライブスペースがあるんです(^^♪

だから、1Fはギャラリー展示して


地下に移ってライブパフォーマンス!


そんなプログラムが恒例となりました(^^♪


今回のスペシャル和太鼓パフォーマンスのゲストは

『ひむかし』さん!




いや~

東京を中心に大活躍されるプロフェッショナルの方々の演奏

本当に素晴らしかったですし、


何より、観客との一体感ある演奏

本当に楽しませていただきました(^^♪


和太鼓パフォーマンスの後は、


私達、おかざき匠の会に

ステージを渡していただき“匠のトークライブ”のお時間です(^^




今回は、

これぞ一級品!


あなたは見極められるか本物!を格付けチェック!


と、題しまして(^^


はい、あの年末恒例の

番組のパクリをやりました!


例えば、

磯部ろうそくさんの全て天然素材で作られた

“和ろうそく”と“洋ろうそく”を灯し


その灯りだけでどちらが和ろうそくか当ててもらったり(^^♪


分かります?さてどちらが和ろうそく?↑


ウレタンの塗料で塗られたモノと

本漆で塗られたモノの違いを見分けたり(^^♪







市販のスタンプ台で押された印と

本物の練り朱肉で押されたモノの違いだったり(^^♪





中でも一番難しかったのは

万年青の水野さんの出題で、


高価な万年青と

お値打ちな万年青を見分けるというモノだったり(^^♪





ちなみに、

お値打ち品は8,000円

高価な方は80,000円です!


さて、わかりますか~(^^♪






そしてそして、


和太鼓のお題は、


先ほどのプロフェッショナル

ひむかしさんが叩く太鼓の音と、

我らが岡崎の“オカザえもん”さんが

叩く和太鼓の音を当てるというモノです(^^♪






はい、こんな感じで

1級品とそうでないモノ、



みごと匠の本物を見抜き優勝されたお客様には


スペシャル匠セットを贈呈! パチパチ!!!






本物て一体何が違うのかな~と

お勉強いただきながら楽しい時間となりました(^^♪



毎年こんな感じで東京展示会へは

地元おかざき匠の会のメンバーが協力し合って

企画しています~(^^♪





7年前、

わたしたち田舎もんが、

はじめて東京へ行ってみるかと

思ってスタートした時は、


本当にお客さんなんて

誰か来てくださるのかな~


ま、

例えゼロでもいいからやってみよう!


そんなノリでしたが、

お蔭様で会を重ねるごとに

ご来場くださる方々が増え、


なんと言うか、


もう私にとってはお客様というより

関東の友達に会いに行く!

みたいな感じで

本当に毎回毎回楽しくて楽しくて(^^)/


今回もたくさんの

そんなお友達が会いに来てくださったのです!



昨年かわいい女の子を出産された暁の塚本さん(^^)/


そのTシャツほんとカッコいいですよね!

と、言った私の一言で

その場で来ていたTシャツを脱いで

プレゼントしてくれた音遊塾の中山さん(゚∀゚)

この日は大寒波で外はめちゃくちゃ寒かったのに

このお姿になりました(笑)





我らが岡崎出身で、

今は千葉に拠点をかまえ

ななしきというプロチームを設立し

大活躍してくれてる元気マン!




昨年開催させてもらった

〇えん~ひとつの太鼓から~で

共演させてもらいました、HAJIMEのみなさん!




今や、テレビやCM

世界中で活躍される和太鼓グループ彩の

ジュニアとして活動し、


まだ小学2年生ながら本当に

プロフェッショナルな貫禄と技を備える

葵君!!





今回第一号のお客様は

鼓路和ーKORONA-をじっくりと

行ってくださいました!


毎回来てくださいます松下さん!







それからそれから

なんと!

遠く秋田から

五十嵐さんの奥さん

祐子さんが実のお姉さんと一緒に

来てくださったのです~涙



右が五十嵐さんです(^^)/



そうそう、

今回の展示会場の一部には、


五十嵐さんのお写真と共に

いただいた大切なお道具も展示させてもらいました。




そして、


先日私が仕上げた100台目の桶も

持って行っていたので


もうそりゃ~ドキドキでしたが( ;∀;)


五十嵐さんにその出来を

じっくりとチェックしてもらったのです(゚∀゚)




今年少しあたたかくなったら

五十嵐さんのところへお邪魔して

あの工房で桶を作らせてもらうことになり、


本当にその時が楽しみで仕方ありません(^^♪



まだまだたくさんの方々に

ご来場いただいたのですが、


すべての方々をご紹介できず

申し訳ありません。


当日、来られないからと言って

ステキなお花を送ってくださった

和のお稽古あじさいの鈴木さん涙







地元岡崎からも

たくさんの企業の方々に協賛いただいたり

オカザえもんさんは新幹線にのって

来てくださったり(笑)



こうした方々に支えられ、

今の私たちがあるんだと


あらためて感謝の想いを深めた

今年の東京展示会となりました。



本当に本当にありがとうございます。


来年も、この時期に

必ず東京展示会開催しますので



またみなさん

来年お目にかかりましょう!


ありがとうございました(^^)/



写真提供:ASAKOさん

2017年1月12日木曜日

でかけりゃいい太鼓じゃなくて、でかくていい太鼓が作りたかった

こんにちは、六代目彌市です(^^)/


いよいよ明日から東京展示会へGO!!


年に一度のこの季節の開催も

今回で早くも8回目です(^^)/


毎年ほんとうにたくさんの方々のご協力と

ご来場に感謝感謝なのです(^^♪


さて、そんな東京展示会にむけての

三浦太鼓店の今年の目玉は何といってもコレ↓







はい、


いよいよ完成しましたよ~(^^♪



新作の四尺大締太鼓!


その名も『鼓路和ーKORONA-』



お陰様ですっかりみなさまに認知されました

三六-SABUROKU-よりも、


さらにデカイやつです(^^♪






今回のこの鼓路和ーKORONA-に

懸けた想いはただ一つ!


“デカけりゃいい太鼓”じゃなくて、

“デカくていい太鼓”が作りたかったんです(^^♪



誰がなんと言っても、


やっぱり太鼓の命って“音”なんですよね!



でから、ただデカいだけだったら

まったくもって意味がない!



とにかく、


三六-SABUROKU-よりデカいのであれば、


確実に、三六-SABUROKU-より

いい音、より深い響きが出せなければ意味がない!



これがこの鼓路和ーKORONA-に

懸けた想いです(^^♪



とは言っても、


まだ一号機が完成したばかりですからね~♪



これから、この太鼓を

自分自身の手で打ち育てながら、


最高の“音”を生み出せる太鼓にしていきたいです!



週末少し寒波の影響が心配ではありますが

明日は早朝からパンパンのハイエースに乗って

出かけます!


あ、そうそう


今回は、親父はお留守番で( ;∀;)


わたしと、

この鼓路和ーKORONA-をピカピカに

仕上げてくれた我が塗装職人のしろちゃんと

2人で行きますので


みなさん遊びに来てくださいませ~(^^♪


では、

東京へ行ってまいります~(^_-)-☆










2017年1月11日水曜日

夢は見つけるモノじゃなくて、与えてもらえるモノ

こんにちは、六代目彌市です(^^

昨日、フェイスブックのタイムラインに

ちょうど一年前の投稿が流れてきました。

あれからあっという間の一年


そう、1年たってあれから

100台目になる桶をいま仕上げてます(^^





1年遅かったら、

師匠は入院してしまって


1年遅かったら

五十嵐さんに直接お礼もできなかった。



人生はいつだって

今この瞬間がベストタイミングなのかもしれません。



そして、


ここ最近自分の『夢』について

深く考えることが多くなりました。



今までは、なんとなく

その時、その瞬間に感じるがままに行動して


お蔭様でたくさんの方々に

支えられてここまで来ることができました。




そんな自分自身を振り返って思う事、


それは、

“夢はみつけるモノ”じゃなくて

“夢は与えてもらえるモノ”


だという事です。



私がなぜ?桶づくりをはじめたのか、、、


それは、単純に桶職人が

これから未来に減少しなくなってしまう事に

対する危機感も当然ありましたが、


五十嵐さんという

秋田の素晴らしすぎる桶職人さんに出会って


私はいつしか、

自分もこんな桶を作れる

後世に残せるモノを伝えていきたい、、、


そう思うようになったんです。





だから私の夢は、

そう、


まぎれもなく

偉大な五十嵐さんから与えていただけたモノなのです。



年齢や、環境

タイミングや立場、、、、


人それぞれ『夢』はもちたいけれど

見つからない



そう思ってしまうこともあるのかもしれません


でも、

本当はすでに与えてもらっている夢を


ちょっとだけ自分自身に偽って

その夢にフタをしてしまってる、、、


そういう可能性もあると思うんですね。


一歩を踏み出す“勇気”



私は、その一歩を踏み出す“勇気”こそ

夢であり、


自分自身で作ったものじゃなくって

人からその勇気を与えてもらったんです♪


だから、

与えてもらったことをそのままにしないで


私は、今そのことに最大限感謝して

みんなに伝えるようにしています。



それが、三浦太鼓店の

“夢ありがとう賞”なのです(^^♪







一人で叶える夢よりも、

みんなで叶える夢。


そんな素晴らしいは、

私じゃなくてあなたからもらえたモノ(勇気)



心からありがとう!!



今日も、たくさんの人から

そんな夢(勇気)をいただくことができ感謝です


今日もステキな一日を(^_-)-☆







2017年1月10日火曜日

本当の満足は、与えられた先にはないのかもしれない。

こんにちは、六代目彌市です(^^)/


年も明け、今日から子供たちの学校も始まりました~♬


今年は例年より少し休みも長かったので、


さんざん遊びまくった子供たち( ;∀;)


朝起きるのが少しつらそうでしたね~



また、今日から週末にかけて、

今年一番の寒波がくるそうです!


いよいよ今週末、

東京展示会に行くので

ちょっと天気が心配ではありますが


今年も、楽しい企画を用意して

お待ちしておりますので

みなさんぜひ遊びに来てくださいませ~(^^)/







さて、昨晩

わたし以外はみんな26歳!という

若手が集まる新年会に

お呼びいただき参加してまいりました( ;∀;)



現在36歳ですからね~

ちょうど10年違うジェネレーションのなかに

まじっていろんな太鼓のお話


とーっても新鮮でした(^^)




みんな、それぞれ“夢”を語り合う。


こういう事がしてみたい、

もっとこんな未来になったらいいのに、、、




若さゆえのエネルギッシュさと同時に、


“経験”がないだけに、

ほんのちょっとの“不安”も見え隠れしてましたが



それすらなんだか、いいな~って

おじさん目線(笑)


それだけ、10年て

短いようで長いのでしょうかね



人は、

「1年でできることを過大評価しすぎる」


そして、

「10年でできることを過小評価しすぎる」



こんな言葉を聞いたことがあります。


私自身たしかに、彼らと同じ26歳の頃

10年前を振り返ってみて


今の生活や価値観、環境が想像できたかと言ったら


まったく想像もできないほどの世界になっているわけです。



きっと、みなさんも同じですよね


10年前に、今の自分自身や環境が

想像できていたでしょうか?



10年前の私は、

まだ太鼓屋だけでは生活ができず


昼は太鼓屋、夜は居酒屋でアルバイトという

生活をすでに結婚して子供もいながら

やってましたわ~(笑)



そんな生活を送りながらも、

もちろんそれなりの苦しみもありながらでしたが



それ以上に、


敷かれたレールではなく、


自分自身の人生を切り開く“喜び”を感じながら

過ごせていたと思います。





とにかく何かをはじめたい!



そういう若いエネルギーに触れながら


自分自身の過去と照らしてみて、



あぁ、本当の人の満足感って


すでにうまく行っている事や

与えられたモノじゃなくて、



失敗しようが、なにしようが


自分自身で切り開いた先、


踏み出した一歩の先にあるんだろうなって

感じました。




だから、私は

自分の過去にすべてを与えられなかったことに

とても感謝しているのです(^^♪



改めてその事に

きづいちゃったので、


今度は、やっぱり

今それをもとめている若い子たちに


すべてを与えず、突き放すことも

大事だなって(^^♪



そうはいっても頑固者な私は、

今の自分の年齢や立場を言い訳にすることも

そこから逃げることもしたくないので、


どんな世代のジェネレーション達とも、


魂を共有できるような場を

これからも作って行きたいと思っているです(笑)




今日の学び。


先輩の背中を見て学ぶこともある。

後輩の目を見て感じることもある。



どちらも、すばらしい♪


今日もステキな一日を(^_-)-☆