2017年4月28日金曜日

リサイクルの上を行くアップサイクルとは!?

こんにちは、六代目彌市です(^^)/

最近の私がシェアしている仕事を見ていて
オーストラリアで働く日本人の方から

三浦さんのお仕事は、
リサイクルとかリメイクじゃなくて

“アップサイクル”ですねって言われました(^^


はて!?

アップサイクルって聞きなれない言葉だな~??

みなさん聞いたことありますか?


海外では、数年前から
話題になっている言葉と言うか考え方に近い
“思想”のようです!


調べてみると、

“アップサイクル”とは、
従来から行われてきたリサイクルとは異なり、

単なる素材の“再利用”ではなく
別の視点からとらえることで
まったく新しい“価値”を生み出すこと、、、

とあります♬


なるほど~


そうか、確かに最近は
そういう視点で仕事させてもらっている事が
多い気がしています。


例えば、“八丁味噌仕込み桶大太鼓プロジェクト”

もともとの機能は、もちろん味噌桶としての役割ですね。




それが、100年経ってその役割を終え

ただただ廃棄される事を
まつだけのモノでした。






役割を終えてバラバラにされていた桶↑



そこから、新たな価値を創造しようと
生まれた今回のプロジェクト!




まさか味噌桶として生まれて、
100年後に大桶太鼓にされるとは
桶自身も思ってもみなかったでしょうに(笑)

こうして、これからまた100年、200年と
まったく違う形で世の中の人々に
祭りの“音”としてワクワクを届けてくれるわけです(^^♪


こちらは、まったく新しい価値という
わけではありませんが

最近では、こうした古い桶も
私の所へやってきてくれます(^^



こういうのは逆に自分のチカラを
試されているようでワクワクしますね(^^♪


こうした古い桶は、
見た目はなんとかカタチを保ってはおりますが

いつ壊れてもおかしくない状態。




中を見ると、
平成25年に一度修理されたという記録が、、、




ただ、この時の修理は
修理と呼べるモノではなく、

とりあえず桶がバラバラにならないように
中から鉄板のようなもので補強されている程度でした。




なので、“タガ”を外せばこの通り
かんたんにバラバラになっちゃうくらい
弱かったのです。





ここからが私のお仕事ですね。


しっかりと再び組み直し、

表面の凹凸を綺麗に仕上げていきます。




そして、桶としての機能をアップさせるために

しっかりと“タガ”を締めていきます。


こんな感じ↓




私の役目はここまで!

あとは、当店の天才塗装職人しろちゃんが
美しく塗装で仕上げてくれます!





最終的にはこのようになりました!

じゃじゃ~ん!



これ、単に綺麗になっただけじゃないんです。
桶としての機能も格段にアップしてます⤴

もともとの桶とちょっと
カタチをくらべてみると分かりやすいでしょうか、、、



手を入れた方の桶のが、

若干ですが、膨らんで見えるのがわかりますか?

これは“タガ”がしっかりと
締まって効いている証拠で、

こうすることで“音”も格段に良くなるんです(^^♪


これは細かく言えばアップサイクルとは
違うかもしれませんが、

本来の機能よりも
高まっていることからすればそれも新しい価値!

アップサイクルです(^^♪



モノに溢れる時代です。

現代の私達の暮らしの中で、
モノがなくて不自由になるってこと

ありませんよね。


役割を終えたら捨てるのか、

役割を終えたら買い換えるのか、

役割を終えてもなお新しい価値が
創造できるのか、、、、


さてこの3つのモノは
何が違うんでしょうかね。


本当の豊かさが何なのか
あらためて考えて行くことが
必要なのかもしれません。

今日もアップサイクルがんばります(^^♪






2017年4月25日火曜日

成し遂げるために必要な3つの勇気。

こんにちは、六代目彌市です(^^)/


まだ体中に痛みが走る、、、
50キロウォーク明け2日目の朝です( ;∀;)

今年も無事、第3回50キロウォークを
終えることができ本当に感謝します。

そもそも、

なぜこれほどまでに過酷なレースを
企画しているのか( ;∀;)

というお話ですが、

2年前の2015年に
三浦太鼓店は創業150周年を迎え、

その周年事業として
次の200年をめざして行く

活力になる周年イベントをしたい、、、

そう思って考えたのが
50キロを歩く!!(^^)/

という事だったのです。

次の50年を達成するには、
また一歩ずつ自分たちの足で歩み続けるしかない!!


本当はですね!

自分達の周年イベントだったので
当初は社員だけで歩こうと思ってました。

それが、なぜかたくさんの方々が
一緒に歩いてくれることになり、、、、

150年の年だけで終える予定でした、、、

それが、なぜか( ;∀;)
毎年恒例の行事になってしまった(笑)

という事です。


そして、今では
あまり大きく宣伝もしてないのに

今回なんと77名!!!
もの方々がこの過酷すぎるレースに
エントリーくださったんです(^^)/





スタートは、岡崎城下“龍城神社”さん。

平均12時間ほどのレースなので、
集合は朝5:30なのです( ;∀;)



そんな早朝にも関わらず、

毎年、旅の安全祈願をしてくださり
参加者のみなさんにお守りを渡してくださいます。





第1回目、2回目は
長男と歩きましたが、


今年は、

中学一年の長男と、

小学校四年の次男、

そして、小学校二年生の三男坊との
四人旅となりました(^^)/




過去の最年少記録が小学校三年生だったので、

次男と三男がどこまで
行ってくれるのか!?

そんなの期待スタートラインでした(^^)


いざ出発です!!






スタート地点では、

なんとこんな早朝からサプライズちんどん隊の晴れ晴れしい演奏!!



本当に、こういう一つ一つの想いが

参加者の方のどれほどの勇気になる事か、、、

感謝感謝なのです!!!





まずは、10キロ地点を目指そう!

長男はもう3回目で慣れてますから
一人で先へ行き、


私は次男、三男と共に
歩きはじめました(^^)/



まだまだ元気!!


10キロ地点の瀧山寺まで
約2時間30分!

四男キラ君が元気に迎えてくれました(^^)/




さてさて、

ここでゆっくりしている訳にもいきません。


先は長いのですから早々に再スタートです!





だいたい、過去の実績からすると

10キロ過ぎたあたりから

だんだん様子がおかしい人が出てきます(笑)

こんな感じ↓



ひざやら、腰やら

いろんなところが痛みだして
普通に歩けなくなってくるんです( ;∀;)


それでも、

我が次男と三男はまだまだ元気(^^)/



まだこの辺りまでは余裕がありましたね。


先に様子がおかしくなってきたのは、

四年生の次男坊( ;∀;)


楽しく会話しながら
歩いていたと思ったら、

なんだか突然口数が少なくなってきて、、、


あれ!?


と思ってふと顔をのぞいてみると、、、




な、な、泣いてる( ;∀;)


突然、号泣し始めたんです( ;∀;)


どうした!!??


大丈夫か!?

聞いてもただ泣いている( ;∀;)


行けるか???

と聞いても返事がない、、、、


やめるか??
リタイヤするか???

と聞くと、首を横に振る( ;∀;)


まだ行く気力はあるみたいだが
すでに限界を超えた様子

歩いた人にしか分からない
苦しみが、こうやって襲ってくるんですよ( ;∀;)


まだ20キロ手前、、、

なんとか25キロまでは
達成させてあげたい、、、


そう思って、
必死に声をかけながら引っ張りました。


その甲斐あって、

ようやく見えてきた、25キロ地点の
柴田酒造さん!!



ここでまで6時間半!!

時間は12:30を過ぎてましたので
お昼休憩!




お昼ご飯を食べて、

2人にこの先どうする?

と聞いてみると、、、


ここまで何も言わずについてこれた
二年生の三男も、

もうリタイヤしたいと言い出し、


本当に2人はここまでよく頑張ったんで
この先は、2人の分まで

私ががんばるか!

と思った矢先に、


“やっぱり行く!!”


と、言い出す2人( ;∀;)


行くのかい!!

行けるのかい!!

本当に大丈夫か???


何度も聞いても、行くと言う( ;∀;)


ならば、行けるところまで
連れてってみよう!

再び、3人旅がスタートしました(^^)


お昼ご飯たべて、

少し休憩できて多少の体力は回復したんですがね、、、


やはり歩き続けることは、
本当に難しいのです。


30キロ地点、、、


同じ太鼓チームメンバーの子と一緒に
とうとう次男はリタイヤです(涙)




リタイヤ組を迎えに来てくれる
車に乗ってもずーーっと泣いている。

よっぽど悔しかったんだと思います。

本当にここまでよく頑張った!!


次男のリタイヤを見て、

がぜん気合が入ったのか、、、、

小学二年の三男はまだ行きたいと言うのです( ;∀;)



正直、最後までは難しいだろうな~と

思いながらも、


再びゴールを目指して歩き出しました。


三男坊は、性格的に誰に似たのか( ;∀;)

負けず嫌いの頑固なところがあって
もしかしたら、こいつなら行くかもな~と

そう思ったんですが、

40キロ地点を過ぎたあたりから

やっぱり様子がおかしくなりはじめ、


泣き出す三男( ;∀;)




もういよいよ限界かな~、

どうする?


行けるか?

と、聞いても返事がない( ;∀;)


やめるか?

と、聞くと首を横に振る。


よし、こいつの気合にかけてみようと
泣き続ける三男の手をしっかり握り

なんとか、ここまで来たからには
ゴールさせてあげたいと

私もなぜだか涙が止まらない( ;∀;)


ここから先は、気力だけの勝負。


信号で止まっては、しゃがみ込む。

相変わらず涙は止まらない。



本当に苦しい。

ここまで来ると、

何も考えれないのです。

何のために歩いているのか?

何でこんなに苦しい思いをしているのか?


よく分らなくなるんです( ;∀;)


でも、その先にあるゴールは

自分のチカラで一歩踏み出すしかないのです。


そんな努力の甲斐あって、

小学校二年生で三年は

過去の最年少記録となる50キロ完歩!!


ゴール地点で迎えてくれた五代目と涙の再会(涙)




本当によくがんばった!!!




長男も、最後は一緒にゴール!!




途中で残念ながらリタイヤしてしまった
次男と一緒にゴール達成の記念撮影です!!




記録は、77人中45位の

12時間20分!!




ちなみに、今回優勝はこのお方↓



新入社員のカネゴン!!

出発から約7時間と驚異的なスピードでゴール( ;∀;)

さすが18歳!!!

若さと体力は違いますね( ;∀;)

そして、2位はこの方↓


五代目!!!

この人は本当に負けず嫌いで( ;∀;)

何か月も前から歩くトレーニングを
毎回しているのです(笑)


今年初参加の双子のかたわれ未帆は、

ゴール後こんな状態(笑)





今日で2日たってますが、

相当なダメージがあったようで、、、
未だ出勤できずの状態です( ;∀;)


3回続けてみて、

あらためて今回の50キロウォークは
いろんな気付きと感動がありました。


77人中17名のリタイヤ。

最後にゴールした人は15時間を超えてました。


過酷すぎるこのレースを
成し遂げるためには“3つの勇気”が必要なんです。


1つ目は、
スタート地点に立つ勇気。

まず、自分で決断し
このスタート地点に立つという勇気が
第一歩なのです。

これだけでも本当にすごい勇気なんです。


2つ目は、
歩きはじめる勇気。

スタート地点に立つと決断したら
今度は実際に歩きはじめる勇気が必要です。



そして、最後は
“歩き続ける勇気”

これが何より難しい勇気。

決断することも、
歩きはじめることも

もちろん難しい。

でも、それ以上に難しいのが

それを“続ける”という勇気。


あらためて今回の50キロで
学んだ貴重な体験でした。


参加者の方々、それぞにそれぞれの
50キロというドラマがあり

そこに多くの感動がありました(^^)/


また、来年も!
やりますからね( ;∀;)

はい、続ける勇気です(笑)

ぜひ参加してみたいなと
思われた方は、

スタートラインに立つ勇気をもって
お待ちしております(^^)/

支えてくださったたくさんの
スタッフの方々とご参加いただいた方々に

感謝申し上げます

本当にありがとうございました!











2017年4月18日火曜日

1つの太鼓から3つの太鼓。

こんにちは、六代目彌市です(^^)/

昨晩は、春の嵐でしたね~( ;∀;)

台風のような強風で、
今朝三浦太鼓店に来てみたら

外の会社の窓に貼ってあった
イベントポスターがすべて剥がれおちてました~( ;∀;)

通勤、通学お気をつけて!


さて、

ここに来ていろいろあった桶作りも
とーーっても順調に流れるようになってきましたよ(^^




まだまだ、お時間はかかってしまうんですが、


それでも、

1つずつ「壁」は超えられているきがします(^^


また、新しい桶ばかりじゃなくって

いろんなお客様が、
私に「チャンス」をくださるんです!


そのチャンスのお陰様で、
いろんなチャレンジができて

ワクワクしながら作業しております(^^♪


そんな今回のチャンスはこちら↓



2尺4寸の大締太鼓ですね!

長さは1メートル20㎝あります。



少し前にこうした長い桶の
“大締太鼓”というのが流行した時期があって


くり抜きの大太鼓は持てない代わりに

このような長いタイプの大締太鼓が
盛んに使われるようになりました。


でもね、

この大締太鼓。


やはり、この大きさと長さゆえに
とにかく運搬に場所をとって大変なのです。

そういう事もあって、
当店では長いタイプの大締太鼓ではなく、

三六-SABUROKU-のような
胴の短いタイプを推奨してきました(^^♪


そういう実績もあってか、

今回お客様からいただいたお話は


この太鼓をカットできないかと!?


それも“3つ”にカットして

1つの太鼓から3つの太鼓を作りたい!

と言われるのです( ;∀;)


そこで、こうなりました↓





見事に、3分割( ;∀;)


そして、

ここにそれぞれ新たにタガを入れまして~

塗装もリメイクして~

こんな感じに生まれ変わりましたよ~(^^♪





まったく原型は想像できな

きれいな太鼓に生まれ変わりました(^^)/


写真を横にしてつなげてみると
よくわかるかな?

こんな感じだったのが、


こうなりました(^^♪




こうなったら、

伏せても担いでも用途が広がり

いろんな使い道がありますね!


いずれにしても、

また新たな活用方法を
生み出せてよかったです(^^)/


最近は、修理やリメイクのご要望を
たくさんいただけるようになり

これはこれでやりがいありますね~(^^


さて、

今日も元気にがんばりましょう

今日もステキな一日を(^_-)-☆